Powered by FC2blog // login write data visitor
[ひとりごと] エアコン最高すぎでは
カテゴリ : ひとりごと
2018年08月06日(月) / edit
ここのところエアコン設置工事の件でごたついてたけど、やっと終った!
ついに私もエアコン有りの快適生活をゲットだぞ。

今年の夏は災害レベルの異常気象らしい。
私が住んでる場所も連日、室温38度をキープし続けていて危険な状態だった。

これまで我が家には扇風機しかなく、おまけにナコ在宅中は扇風機をナコが独占。
室温38度の中、ナコがいる時は扇風機すらなしで過ごしてた。

例のとあるタルパーさんから頂いた手作りのレジン作品。
あれを夏開始前に塩漬けにしておかなかったら今年は病院送りになっていたと思う。

塩漬けにする前は、それくらい疲弊していた。
本当に危なかった。

これはタルパーさんに限った話ではないけれど、手作りの品を貰う時は気をつけないといかんね。
この件については完全に私の落ち度だ、もっと考えて行動するべきだった。

塩漬け後は体のエネルギーが空になる不調はパッタリとなくなった。
12時間以上必要になっていた過眠もなくなり、日中に活動できるようになってきた。

なにか行動を起こそうとするたびに発生する謎の妨害も、ほぼ以前と同じ程度に戻った。
その他の不調もおさまり、よい方向へ向かっていると思う。

暑さが落ち着くのは10月頃とのことで、まだまだ暑い日が続くそうだ。
さすがのナコも「今年の夏はおかしい」とエアコンの購入に踏み切った。

しかし本格的に暑くなってきた後の決断だったので、いいエアコンは全て売り切れ。
なのでナコが購入したエアコンは売り切れていたものよりも性能が劣るとのこと。

それについてはちょっと残念だけど、でも無いよりはずっといい。
これで汗腺酷使による肌荒れも改善されていきそうだ。

エアコンの快適さを知ったナコは「今まですまなかった」と謝ってきた。
正直、今更すぎて最早どうでもいい。

ナコは私が何かを訴えても無視する。
放っておけば私の生死に関わるような問題ですら無視された。

生死に関わる状況を乗り切れたのは人工精霊のおかげだった。
けどまぁ、それももうどうでもいい。

これから死ぬために心身の調子を回復させる。
動けるようになったら出来る範囲で身の回りの整理をする。

今すぐには死なないが、準備ができたら死ぬ。
準備が終わるのは何年先になるかわからない。

もしかしたら途中で気が変わることもあるかもしれないが、その可能性は今のところ低い。

とりあえず、やらなければならない約束が一つある。
それを果たしたら、その後は突発的な自殺もOKな状態へと変わる。

とあるタルパーさんからいただいた手作りのレジン作品が私を弱らせていた理由は、このことが原因なのではないかと推測している。弱らせておけば自殺することもできなくなるからね。

あれはある意味では私の命を守っていたのかもしれない。
だが私にとっては、あれはとんでもない呪具だった。
別窓で開く / ▲TOP