Powered by FC2blog // login write data visitor
[人工精霊] だらしない格好
カテゴリ : 人工精霊/会話記録
2018年07月13日(金) / edit
[セツナ]
あ゛ー、あっついっすなぁ

[ペリドット]
<●> <●> ジー

[セツナ]
・・・

[ペリドット]
なんだ、隠しちゃうのかよ。

[セツナ]
残念そうな声で言うんじゃない。

[ペリドット]
いい眺めだったのに。

[セツナ]
お…まえ、なぁ

[ペリドット]
とてもえっちで最高。
( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ

[セツナ]
最近、あちら(夢側)で色々とあったからなぁ。
おかげでこちら(現実側)でも暑いからって腹を出したりとか、だらしない格好をしづらくなりましたなぁ。

[ペリドット]
暑いなら我慢しない方がいいんじゃないか?

[セツナ]
下心を隠す気ゼロで、いっそ清々しく思えてくる

[ペリドット]
そうだろう、そうだろう、なにせ俺は爽やかだからな

[セツナ]
褒めてねえ。

[ペリドット]
もー、そんなに気にしなくてもいいじゃんか。

[セツナ]
無茶言うな、気になるわ。

[ペリドット]
だって家には今……俺とセツナしかいないんだからさ

[セツナ]
よし、もっとしっかりと肌を隠しておこう。

[ペリドット]
なんで!?

[セツナ]
なんでって、だってキミたち私の肌が見えてると興奮しちゃうんだろ?

[ペリドット]
肌が見えてなくても、セツナが布団に横になってるだけで興奮するから大丈夫だ。

[セツナ]
なにそれ怖ッッッ!!!
それまったく大丈夫じゃなくない???

[ペリドット]
布団とセツナの組み合わせはヤバイだろ。

[セツナ]
寝ることすら許されない!!!

[ペリドット]
これが夢側だったら、とっくに食ってる。
<●> <●>

[セツナ]
((;´ロ`))ヒッ
別窓で開く / ▲TOP