Powered by FC2blog // login write data visitor
[夢日記] 何度でも呼び戻す
カテゴリ : 夢の記録
2018年06月03日(日) / edit
性別:女 / 天気:曇り / 時刻:夕方


どこかの戦場にて。
経路の都合で、やむなく見通しの良い道を通ることになった。

リスクは高いが、うまく通り抜けることができれば一気に事が運ぶそうだ。
考えるまでもなく嫌な予感しかしない。

そして案の定、移動中のこと。
私の前を歩いていた一人の男性が、突然、血を吹き上げながら倒れた。

即座に自分の守りを固め周囲を確認したが、敵の姿は見当たらない。

遠距離からの狙撃かと考えたが、死体の様子を見るに違うようだ。
まるで内側から爆発でもしたかのような死に方をしている。

もしかすると敵もなんらかの能力者なのかもしれない。
そう考え込んでいる間にも、また一人爆ぜた。

こうもぽんぽんと破裂させられたのでは、こちらはたまったものではない。

迎撃か、撤退か。
まったく指示がでていないようだが、この部隊を指揮しているやつはどこで何をしている。

職務放棄か?
もしくは真っ先に狙われて死んだか……そちらの方が可能性としては高いか。

さて、指示がない以上、ここから先は自力でなんとかするしかない。
思考を切り替えていこう。

進むにせよ戻るにせよ、このままでは全体の戦力低下は免れない。
となると行き着く先はMission failed(任務失敗)……いや、それだけで済むならまだマシな部類か。

任務を失敗したとしても戦力が残っていれば次がある。
だが戦力を失った場合はそうはいかない。

元の戦力を揃え直すのに、どれだけの時間と金と労力がかかることか。
ここで戦力を失えば大損失だ。

ではこれ以上、戦力を減らさないようにするにはどうすればいいのか……。


[セツナ]
彼の者を呼び戻せ──レイズデッド。
(※レイズデッド:テイルズオブシリーズに登場する戦闘不能者を蘇生する術。)


ここまで損傷の激しい死人を蘇生するのは初めてだ。

大部分が失われた状態でも蘇生可能なのかどうか、それは随分と前から気になっていたことではあるが……まさかこんなに早く試すことができる機会が訪れてしまうとは、とても残念としか言いようがない。

この(夢の)世界は、とても私に厳しいな。

怪我の治療には「ヒール(※回復呪文)」。
死者の蘇生には「レイズデッド(※死者蘇生呪文)」。

あれこれ使う呪文を変えてはいるが、つまるところ私の能力は「復元」だ。

壊れたものは壊れる前の状態に、死んだものは死ぬ前の状態に。
たとえ失われたものが魂だったとしても確実に元に戻す。

私の読みが間違っていなければ、この肉塊だって人間に戻るはずだ。


[男性]
あれっ……俺、なんで。

[セツナ]
いいから早く立ち上がれ、そして武器を構えろ。


一人目の蘇生に成功──。
続けて無詠唱で二人目の蘇生を開始。

二人目の蘇生に成功──。
壊れたものはすべて私が蘇生する。

それは人の道から外れた行いかもしれない。
私は間違っているのかもしれない。

だとしても何度でも蘇ってもらう。
ここから無事に逃げ切るか、もしくは私が死ぬまで……何度でもだ。

敵の能力をPSI(超能力)と仮定、同系統の能力でバリアを展開。
耐久度は低いが、これでも無いよりはずっとマシだろう。


[セツナ]
撤退だ、逃げるぞ。


敵のタゲ(※ターゲット)が私に移った場合、敵の能力がPSIなら私でもある程度は対処可能。
だが、もしも他の能力だった場合は……詰み(※game over)かもな。
別窓で開く / ▲TOP