Powered by FC2blog // login write data visitor
[夢] クー・フーリン〔オルタ〕とオリオンの実装を確認
カテゴリ : 夢/未分類
2018年05月28日(月) / edit
Fateシリーズに登場するサーヴァント「クー・フーリン〔オルタ〕」と同じ姿をしたNPCの実装を確認。
そして同じくFateシリーズに登場するサーヴァント「オリオン(クマ)」と同じ姿をしたNPCの実装も確認。

他、クー・フーリン(ランサー)、クー・フーリン(キャスター)、クー・フーリン〔プロトタイプ〕とも遭遇。
まさかの神奈延年祭り(中井和哉もいるよ)開催である。

追記は夢で彼らと話した内容についてのメモ。


◆◇── Attention! ──◇◆
性的な表現が含まれてます、苦手な方はご注意ください。












[槍ニキ]
おっ、嬢ちゃんじゃねえか。

[セツナ]
ん?

[槍ニキ] [術ニキ] [オリオン] [旧槍]
ヾ(*'▽'*) (-ω・*)ノ (・ω・`) (`・ω・´)

[セツナ]
──えっ、多いな!?

[術ニキ]
挨拶より先にそれかいw

[セツナ]
すまん、びっくりしたもので。

[槍ニキ]
確かに多いけどよw

[セツナ]
えーっと……やぁ、キミたちってばこんな所に集まって、いったいどうしたんだい。

[槍ニキ]
あー、この近くで催し物があると聞いてやってきたんだが。

[セツナ]
うぇ。

[旧槍]
けど間に合わなかったんだよなあ。
(´・ω・`)ショボーン

[セツナ]
なんだ、そうか、間に合わなかったのかあ
(*´▽`)ニパー

[オリオン]
おい、顔! 顔!

[術ニキ]
嬉しそうな顔してんなあw

[槍ニキ]
チッ、間に合わなかったとわかった途端に、あからさまに嬉しそうな顔しやがって。
(*`ω´)ムスッ

[セツナ]
おっと、すまない。

[旧槍]
まだ顔が緩んでんぞー。

[セツナ]
そっかー、間に合わなかったのかー、それは残念だったなあ。

[オリオン]
棒すぎるだろ、もうちょい感情込めてけ!

[セツナ]
これ以上は無理。
ヾノ・ω・`)

[槍ニキ]
嬢ちゃんも出し物に参加したんだってなあw

[セツナ]
うぐっ

[術ニキ]
随分と大盛況だったみてぇじゃねえか。

[セツナ]
大盛況……へぇ、そうなのか?
それはなによりだ、よかった。

[槍ニキ]
謎の技術やべぇって、あちこちで大盛り上がりしてるぜ。

[セツナ]
えっ。

[術ニキ]
どういう仕掛けかさっぱりわからんが、とても綺麗だったともっぱらの噂でな。
SNSもおまえさんのことで賑わってるみたいだ……ほれ、動画まで出回ってる。

[旧槍]
すっげぇ派手なんだってな!

[セツナ]
・・・
(※見せ場でアタランテの宝具「訴状の矢文(ポイボス・カタストロフェ)」を形だけ真似た術を使用し、当たり判定の無い色とりどりの光の矢を地上に大量に落とす演出をした)



[オリオン]
だから急がねえと間に合わないっつったろ!
あー、生で見たかったなー。

[槍ニキ]
仕方ねえだろ、こっちだって立て込んでたんだから。

[旧槍]
これでも急いだほうだぜ。

[セツナ]
立て込んでたって、なにかあったのか?

[術ニキ]
まぁ、いろいろとな。

[セツナ]
ふーん……ところで質問なんだけど。

[オリオン]
おっ、なんだ?
俺に何か用かい、素敵なお嬢さん

[セツナ]
君の名前って、なんだったっけ?

[オリオン]
ちょっ、さすがに酷くない!?!?

[セツナ]
すまない、ど忘れしてしまったみたいで

[オリオン]
ほんとに? 本気で? マジなの?
今の今まで俺が誰だかわからないまま話してたってこと!?!?

[セツナ]
ちょ、ちょっと待て、すぐに思い出すから。

[オリオン]
思い出せるのかよ

[セツナ]
た、たぶん

[オリオン]
まぁ、無理はすんなよ。

[セツナ]
うん、ありがとう。
それで申し訳ないんだけど、ちょっと顔を見せてもらってもいいかな。

[オリオン]
よしきた。

[セツナ]
うーん

[オリオン]
(*-ω-*)ポッ

[セツナ]
……オリオン。

[オリオン]
正解!!!
。:+.゜ヽ(*′ω`)ノ゙。:+.゜

[セツナ]
やった!

[槍ニキ]
おー、よく思い出せたな。

[術ニキ]
よかったな嬢ちゃん

[セツナ]
うん!

[旧槍]
──っておい、なにやってんだおまえ。

[セツナ]
ん? あれ? なんか私、持ち上がってませんか。

[術ニキ]
顔を合わせる前にそれをやるか

[セツナ]
視界の高さがおかしいんだけど。

[オリオン]
おい、おまえら!
ぼーっと見てるけど助けなくていいのかよ

[術ニキ]
まぁ、いいんじゃないか。

[オリオン]
セツナちゃん、めっちゃ困ってんぞ!

[術ニキ]
あの様子なら、危害を加えたりはせんだろ。

[セツナ]
腹に尻尾みたいなのが巻き付いてるし、なんぞこれ?
どこか見覚えがあるような気はするけど……なんだったかな。

Fate - クー・フーリン オルタ オルタニキ

[槍ニキ]
ははっ、オルタもマスターのこと気に入ったみたいだなw

[セツナ]
オルタ?

[オルタニキ]
・・・。

[セツナ]
はあ!? オルタアアアア!?!?

[オルタニキ]
騒がしいぞ。

[セツナ]
はうっ……す、すみませんでした。

[術ニキ]
さてと、じゃあそろそろおいとましますかね。

[セツナ]
もう行っちゃうの?

[槍ニキ]
おー、これからバイトなんでな。

[セツナ]
そっか、なら仕方ないな。

[旧槍]
よーし、もうひと踏ん張り、気合い入れていくかー!

[オリオン]
じゃあなー、セツナちゃ~ん!
ヾ(*'ω'*)

[セツナ]
うん、じゃあなー、バイト頑張って。
(=・ω・)ノシ

[オルタニキ]
・・・。

[セツナ]
あの。

[オルタニキ]
なんだ。

[セツナ]
オルタは行かなくていいの?

[オルタニキ]
ああ……後で合流するから問題ない。

[セツナ]
なるほど?

[オルタニキ]
・・・。

[セツナ]
えっと……なんで私、持ち上げられてるんでしょうか。

[オルタニキ]
嫌か?

[セツナ]
そういうわけではないけど、その。

[オルタニキ]
言いたいことがあるなら、はっきり言ったらどうだ。

[セツナ]
ぐっ……下ろしてください。

[オルタニキ]
断る。

[セツナ]
なんで!!
つか、はっきり言えっていっておいてそれかよ!

[オルタニキ]
言うことを聞くとはいってない。

[セツナ]
それもそうだね!

[オルタニキ]
……ふっ。

[セツナ]
あれ、いま笑った?

[オルタニキ]
笑ってない。

[セツナ]
えー、なんだよそれw

[オルタニキ]
フン。

[セツナ]
ところで、今度はなんで膝の上に?
しかも向かい合わせだし、ちょっと恥ずかしいんだが。
(※オルタの左足の上にまたがる形で乗せられてた)

[オルタニキ]
・・・。

[セツナ]
なにか言え──って、おい、ちょっ、なにして!?!?

[オルタニキ]
なにって、言われねぇとわからないのか。

[セツナ]
そういう意味じゃなっ──ひっ。
(※なぜ私のショーツの中に手を突っ込んで直に尻を触ってるんですかという意味で聞いたつもりだった)

[オルタニキ]
わからないわけねぇよな。

[セツナ]
やめっ、なに奥まで手を入れてんだ!
触るな、そんなとこ撫でるな……ッ、離せ! 離せってば!

[オルタニキ]
なぁ?

[セツナ]
そんなっ……う、そ、だろ……ひあッ……後ろ側から、ゆび、はいって。

[オルタニキ]
・・・。

[セツナ]
ゆび、ふとい……んっ、きつい……ぬ、けよ。

[オルタニキ]
……くくっ。

[セツナ]
やめろ、動くな、揺らすな……あっ、やだ、膣のおく……とどいて、こすれちゃう、からぁ……やらぁ。

[オルタニキ]
存外、悪かねぇな

[セツナ]
存外って、なんだよ……ッ。
(※おまえは愉悦を捨てたはずじゃなかったのかと問いたかった)

[オルタニキ]
・・・。

[セツナ]
んっ、あっ……ぐっ、メイ──んぐうっ!!!
(※オルタの関係者のメイヴちゃんを呼ぼうとしたがキスで邪魔された)





ついにオルタまで実装されてしまった。
これで未実装のクー・フーリンは、もうミニクーちゃんしか残ってない。

この夢では自我のある特殊なNPCが2体登場。
槍と術のクー・フーリンには自我がある。

オリオンとプロトとオルタは、たぶんまだ中身はないはず。
けどオルタはちょっと怪しいかもしれない。

「オルタもマスターのこと気に入ったみたいだな」とある通り、私はクー・フーリンシリーズに気に入られているらしい。ガーネットがブチギレる案件である。マジで勘弁してほしい。

オルタは本来の設定では愉悦を捨てているキャラクターなんだ。
だから、こっち方面の警戒は物凄い怠ってた。

元のキャラクターの設定は、こちらの世界では当てにならない。
そう何度も自分に教え込んでいるはずなのに、またしてもこの有様である。

そして以前、ガーネットが言っていた「喉を潰さなくとも口を塞ぐ方法などいくらでもある」というやつ。
あれを実際に体験することとなった。

でも今回は呼ぶ人選を確実に間違えていたので、ある意味助かったのではと思わなくもない。
とりあえず、それについては感謝しておこう。

ちなみにこの夢のクー・フーリン〔オルタ〕、トゲトゲオフの安全仕様だった。
ありがたいといえばありがたいんだけど……しかしなんでえっちなことをされたのか理由がよくわからん。

ああ、そういえば「なんでオルタは、わざわざ後ろから指を入れたんだろう。前からの方が入れやすくないか?」という質問をペリドットにしたんだ。

そうしたら「前からだとセツナは後ろに逃げるけど、後ろからだとセツナは前に逃げるだろ。快感を逃そうとしがみついてくるセツナと密着できるし、喘がないように我慢してるえっちな声もよく聞こえる……つまり、そういうことだ(キリッ」と言われたことを、ここに報告しておきます……つらい。
別窓で開く / ▲TOP